読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2012年9月19日のメール

普段はこんなことしないんだけど、記録用に今日送ったメールの転載

 

 

色々と現在の状況について誤解があるようなのでちょっとこちら側の現実をメールします。

 

今日の上海は至って平和です。

昨日の9月18日に柳条湖事件に合わせて大きなデモがありましたが、完全に管理された状態で混乱もなくケガ人等も出ない状態で終わりました。

 

また本日中国政府から正式に「理性愛国」を求める声明がでましたので今後大規模なデモはないと思います。

(このタイミングでデモをすると本当に捕まる)

 

島国出身の我々にはわかりにくいですが、少し中国の日本と異なる点をご説明します。

中国はとっても広いので都市ごとの独立性が非常に高いです。

実際にはアメリカだって広いから州単位で異なる法律を運用してますし、

おんなじぐらいの大きさのヨーロッパは一つの経済単位ではありますが、国としては一つではないですよね。

中国は人口で言えばヨーロッパ全体の4倍以上ですよね。

 

さて、何が言いたいかというとやたらと報道されている西安や青島と、上海は全然違うということです。

上海は昔から商業の中心であり国際化された都市です。

日本との関わりも歴史的にも強くここで日本と揉める事の無駄さ、愚かさをよく理解してます。

上海市民の基本的なスタンスは「政治的な問題はあっても、暴力は絶対NG」です。